映画 冬のライオン

子供たちが課題をこなす夏休み^^
なにも子供の真似をすることもないのですけど、何もしなくても過ぎてしまうものです。
「私も少しそんな時間を作ってみようかな~」と、テレビで放送される午後の映画の題目探し♪
これでも普段そんなことするのは罪悪感があるのですもの(笑)

今日は 冬のライオン 1968年のイギリスの歴史映画を鑑賞。
題名を聞いたことあるし、キャサリン・ヘプバーンがアカデミー賞の主演女優賞をとっているとのことでいいかな^^

ところが、見終わると、「うーーーん、、」 今見たい映画じゃなかったな。
1968年ですか。。そのころなら受け入れられたのかなぁ。

電気もない時代、大声出して威嚇する昔の王ってどんなことがあってもへこたれないのねぇ。人間、生きていけないってことはないのね。

最後のシーンは妙に印象的でした。
王妃はまた王によって幽閉される為、船に乗って川に出ていきます。
王は大きく両手を振ってずっと見送っている。

服装や鎧、民との距離なんか近いものですし、文化風習なんかは面白かったです。




写真は映画には関係ないけれど今朝の一人ごはん
c0134734_9514395.jpg

通りがかったら開いていた蒲郡のあらじんさんの石窯で焼いたパン ド カンパーニュに
いただきもののハムをはさんで^^

ハニ丸が切ってくれた塊ハムの角度修正し切ったので斜めのあります。
うふふ、私もよくやります037.gif
[PR]

by skipelf | 2013-08-02 23:59 | いろいろな出来事 | Comments(0)  

<< おもしろドリンク 宇宙を受けるお皿 >>