「女の一生」「男の一生」

膝を打ったので書き留めておきましょう!


  女の一生
二十代は  美しく
三十代は  強く
四十代は  賢く
五十代は  豊かに
六十代は  健康に
七十代は  しなやかに
八十代は  つややかに
九十代は   愛らしく

  そして
  いぶし銀のように
   美しい百歳へ





  男の一生
二十代は  志高く
三十代は  仕事に燃え
四十代は  功を焦らず
五十代は  寛容をくいて
六十代は  引き際よく
七十代は  時を遊
八十代は  自由を楽しみ
九十代は  悠々自適に

 そして
 いぶし銀のように
  幽玄の境地の百歳へ


                                       絵馬師: 故・殿村進さん




唸ること多いし、共感できるし、こうありたい!

でもね、健康で愛らしく過ごしてきた祖母104(?)才の現在、
頭もしっかりしているし、家事や自分のこと無理ない程度に出来ているそうですが、
そのような歳で思わぬ苦悩もうまれちゃう世の無常。。。




※「寛容をくいて」がいま一つ理解できないです~、どなかたおわかりかしらん?
[PR]

by skipelf | 2013-07-13 18:47 | いい言葉 | Comments(6)  

Commented by uzuki at 2013-07-14 08:36 x
私のは、、、まるで反語。ダラダラ暮らした若い頃、仕事は運だけに頼り、功をあせりジタバタと、歳をとってもガキのよう、これから行く道、行方知らず。身の所思方はケセラセラ。ひとつ位不明があっても、何の立派な物ではありませんか。小夏さんの家族への思いやり、ブログのそこここに現れております。自信を持って”美しい100歳”までお進み下さい。
Commented by skipelf at 2013-07-15 01:33
★uzukiさま、
いえいえ、 uzukiさんほど魅力的な方はそうはいらっしゃいません~!思いやりも人一倍、、ダンディは一日にして成らず(^_-)-☆
歳を重ねて因業な方もチラホラ。。そんな中、無邪気にガキ道をお進みになられるのもよろしいじゃないでしょうか!?奥様とのナイスなご関係、とても眩しいです。どうぞ、我々に照らしてくださいね^^
家族への思いやり、、買いかぶり過ぎです~!!とても自信など持てません。本日も凹みましたぁ。
でも、ありがとうございます。励みになります^^
Commented by uzuki at 2013-07-15 07:26 x
有難う御座います、小夏さんに”魅力的”だとか”眩しい”とか言われたら、舞い上がってしまいそうです。だって、最近は誰も言ってくれなくなりましたから。あと、小夏さんの、ご友人やら、ご家族やら、細やかな気遣いの感じられる記事、沢山目にしております。決して、買いかぶりなどではありますんよ。たとえ、時には凹んでも、エネルギッシュな小夏さんの事ですから、カラカラとお笑いになって、さあ、きょうも頑張るぞ、と、いつものように、お願い致します。
Commented by skipelf at 2013-07-15 18:04
★uzukiさま、
あははは、私本気でそう思っていますよ~^^uzukiさんのダンディ度は群を抜いておりますもの!老若男女、誰も口に出さずとも皆さんそう思っていらっしゃるに違いありません。
uzukiさんの励まし、、凹んだところにやさしくパテ修理された気分です^^ふわぁ~~っと心が軽くなるようです。
いつも温かいまなざしをありがとうございます。なかなか思うように行かなかったり、先の不安など見えななくてもよいのに見えてきます。そういうお年頃ってことなのでしょうねぇ。カラカラ笑う←久しぶりに聞きましたけども、キャッチフレーズにでもしたいようにピッタリきましたー\(^o^)/
Commented by uzuki at 2013-07-15 21:25 x
若い時はできない事を、できるように、と、頑張ったのですが、どうも、この頃は”残った能力を大切にして生きる”事のほうが良いのではと考えるようになりました。できない、と、悔やむより、今、なにができるのか、と、、、結構厳しい事ですが、最後にはソコに行き着くのではないでしょうか?
Commented by skipelf at 2013-07-16 09:31
★uzukiさま、
深いです・・。残った能力を大切にですかぁ。。
こういった域に差し掛かり周りををキョロキョロしたり少しジタバタしているような心境ですが、そう遠くを見るのではなく「今何ができるのか」と言う眼も務めて持っていこうと思います。
uzukiさん、いつもありがとうございますm(__)m

<< 隈研吾氏 森町のお茶屋さん >>