F-15 (戦闘機) エア・フェスタ浜松2012

戦闘機は、訓練機とは随分違うものですねぇ。。。
全部同じもんだと思っていました(汗)

ハニ丸はそのかっこよさににえらく感動しているようでした。


写真違っていないといいけれど・・
c0134734_18374438.jpg


時速1000キロの大迫力は、爆音がうーんと後に移動

そして250キロ、戦闘機としては不可能に近い速度のも飛んで見せてくれます。
全然迫力違う~~!!

そして350キロでの着陸態勢のも、、だったかな。


飛来は(確か小松から)1機だけだったのですが、小松基地HPによるとそちらの航空ショーはF-15が編隊で飛ぶようです(超驚) 
自分から見えているところの地球全部(?)に響くんでしょうね~ わぉ
ご近所の理解があってこそですねぇ。



航空自衛隊では現在F-15を200機余りを保有・運用しているそうです。
この音って今までも聞いたことがあるような気がします。

野鳥の撮影していたら鳴き声で何かわかるものも出来てきました^^
これからの人生、音聞いただけで自衛隊の機種がわかったら自分が怖いわ~ん(笑)


もう少し自衛隊記事、お付き合いくださ~い^^
[PR]

by skipelf | 2012-11-20 18:46 | おでかけ | Comments(2)  

Commented by 磯辺太郎 at 2012-11-21 22:33 x
F15戦闘機、迫力ありますねえ。
厚木基地が近くなので、昔米軍のwingsと言われた航空祭に行ったことがあります。横須賀港の空母艦載機でしたのでこちらはF18スーパーホーネットでしたが、やはり戦闘機では難しいとされる低速飛行を披露していました。
「ご近所の理解」・・・師匠はホントさすがだと思います。その通りです!
我が家は近所ではないのに展示飛行の旋回コースになってしまっていて地響きのようなものすごい騒音が続きました。
基地周辺は半端でなかったらしく、厚木基地では飛行展示は中止されたようなのです。。。
Commented by skipelf at 2012-11-22 01:00
★磯辺太郎さま、
おぉ、米軍のに行かれたことがあるのですね@@!アメリカ駐在されていた友人のご主人さまから演出が派手だと聞いていますよ~!
師匠にいただいたこのコメントからわからないこと調べることに、、そしてわずかではありますが学ぶ事が出来ました!(地理、厚木基地、F18スーパーホーネット、地元の方々の気持ち・・などなど) 無知でした。ありがとうございます。
たった一機でもあの大迫力、、編隊組まれたら耳栓でも地響きのようなのは騒音は取りきれませんよね。それになにより恐ろしい~。。
小松基地は日本海側、、配備から見て浜松とはまた違った意味を持っているのだ、とも。
女性にとってはリアルなお友達にも引かれることの多い自衛隊ネタですけど、今回浜松に行ってみて体感したことは冷静に見守るためにもやはり意味のある事だったと思います。

<< エア・フェスタ浜松2012 オ... 早期警戒管制機E-767 エア... >>