夏休みはカナダで涼しく

タイトルが大袈裟でした~(笑)

昨日から毎日、午後のNHKBS映画が赤毛のアンシリーズ一挙放送なので、とても楽しみにしていました。


夏休みは小学生でも読書感想文の提出があるのですもの、一つくらいいいものに触れないと^^
c0134734_1744169.jpg

↑アンが初めてグリーンゲイブルズを見たところ


確かこの映画が出来た時、映画館で見ています。
アンの気分にとっぷり浸かっていたあの頃、、、あれから何年経ったんでしょう~!
今回観る私は、妙に奥方様達のエレガントさに恐れ入ってしまいます。

・・・、それってマリラの歳に近づいているって事???

んっま、そんな事もございますが、忘れていたアンの様な気持も何なく思い出せたので、まだまだ私も乙女な部分があって、よかったよかった^^

と、言うわけで、時間を見つけて録画でプリンスエドワード島の景色で涼んでおります♪
あぁ、いい映画だなぁ~emoticon-0152-heart.gif




あ、今日のランチは残り物のカレー、、インド(あ、銀座か?)に行っていたから・・・(爆)
c0134734_17493928.jpg

先日アップしたレトルトのルゥ版、マイルドでした~^^
[PR]

by skipelf | 2012-08-21 23:21 | 季節のもの 季節の事 | Comments(4)  

Commented by ぽろ at 2012-08-22 07:05 x
「赤毛のアン」に出会ったのは小学2年生の時の誕生日にもらった本を、1-2年後に読んだ時でした。
以来長いこと、愛読書だったんですよねぇ。
全巻揃えたのは高校卒業後だったかと思います。
ものすごくドキドキしながら読んだのを思い出しました!!

でもね、更に数年後に声をかけてもらった「一緒にプリンスエドワード島へ・・・」という誘いはお断りしちゃったのよね。
自分の頭のなかにあるイメージと少しでも違っていて欲しくなくて・・・・・。
映画のプリンスエドワード島やギルバートを始めとする登場人物は、小夏さんのイメージと同じでした???
Commented by skipelf at 2012-08-22 07:30
★ぽろさま、おはようございます!時差もなんのその、思わずそういってしまいたい夏らしい朝です^^
ぽろさん、小学校で「赤毛のアン」を読んでしまわれたのですねー!さすが才女だわ~!!私など、高校生の時だったかしら・・、え、ぽろさんはこの頃全巻・・(汗)
映画は昨日の分までで、ギルバートと心がつながった友になったところで終りました。今日の午後は先生になっているのかしら、楽しみです^^

ぽろさんのおっしゃること良くわかります。随分前に名古屋のどこいらのデパートが『赤毛のアンの世界』見たいな催事をやっていた時、自分の中のイメージとの差ばかり気になってしまいました。「催事、どうでした~?」なんて先輩マダムに聞かれた時、僭越ながらそう答えた事を良く覚えています。
この映画との付き合いも私は期間だけは長くなっているので、また会えた~って感じでした^^改めてインテリアも目の保養になりました♪
Commented by Mimi at 2012-08-23 04:43 x
20年近く前、父母と3人で行きましたよ、プリンスエドワード島。
母が赤毛のアンの大ファンで、私はそれほどでもなかったのですが
行く直前にもう一度シリーズ第一作を読み直して行ったのは正解でした。
グリンゲイブルズが再現されていて、中に例の地味なドレスやらマリラのブローチやらが
物語のワンシーンそのままに展示されていて、もう私と母は大興奮!でした。
イメージ壊さないためでしょうか、アンやマリラ達の顔や姿というのは一切無かったのも良かったです。
「輝く湖水」を探してうろうろレンタカーで走っていたら、後ろから来たパトカーに止められ、
「な、なんか違反した!??」
と焦りまくったら
「どこか行きたいの?探してるの?」
とおまわりさんが声をかけてくれ、輝く湖水を探していると答えたら
パトカーで先導して連れてってくれたのも良い思い出です(^.^)
なつかし~な~。
Commented by skipelf at 2012-08-23 21:40
★Mimiさま、
んっきゃ!!ワタクシ心を痛めておりましたが(旅行記楽しみにしていますなんて書いてしまったので苦しめちゃった?と)、祝お引っ越しです~ww いまささっと拝見したらご主人さまヒコーキ買っていらっしゃるー@@!

な、なーんと、プリンスエドワード島へ行かれたことがあるのですねー、ナマでそこを感じることができたなんてほんと羨ましいです~!
そうですそうです、読み直して行かれたのでしたら随分味わいが違ったことでしょうねーww  なるほどぉそんな風に再現が、、いーなー^^ご本家さまでは展示に配慮されているのですね!
お巡りさん、そんな洒落た事を、、うっわー物語のつづきのようですねー、良い思い出ですねぇ~。
今回映画見ていて、マリラの躾やリンド夫人のおせっかいって今の日本に無くなったように思いました。私が子供の頃、この田舎町にはあったように思います。
アンに再会した時々で感じるポイントが増えていきます^^マリラ位の歳になった時もしまた読んだら・・・。ククク

<< 晩夏感じる日々 鶏のから揚げ >>