厚いタオル

母が入院し不評だったのは私の家から持っていった体裁のよいお洒落なタオル達。
洗濯担当の父には「乾きが悪い」、母には「絞るにも不便だから安っぽい普通のを持って来て」と、、 あぁ、そうですか。

とまぁ、学ぶことは多いものです。
あまり嬉しくない気付きはこういう内輪のものからご近所ものまでありまして、
 
病院は循環器系を中心に地域の信頼を集めているところで、新しいし実家から近くとてもありがたい存在です。
そのせいか、ご近所さんとか私と歳の違わない人の親御さんの遭遇率が高く驚きました。

同じ日に入院したのは母の運動のクラスの80歳台のお友達。
先日はエレベーターホールで奥様の手術し終わったところだというご近所さん。
また、あの人もこの人も同じ病院に入院中と耳にしました。

同じところにいるとてお互い体力も弱ってきている年齢なので、(今のところ?)お部屋を訪問ごっこって事もないのですけどね。

どこのお家も眼が離せない状態なわけねぇ。。と、いう気付きemoticon-0124-worried.gif



c0134734_8535412.jpg

垣根の上から顔出して咲き誇っているイングリッシュローズ エブリン
近寄るととってもいい香りなのですよ 自分を中和です^^
[PR]

by skipelf | 2012-05-23 23:38 | いろいろな出来事 | Comments(0)  

<< かぶと鶏 蕪と鶏? 新しい試みの野球中継 >>