Chef Ito’s カボーロランチ

地元ネタです。
いろんな意味で一目おかれる料理人さんが、ランチだけはここで提供というお店カボーロへお盆前に行ってきました。
同行者は食が細いので合わせてAランチです。


冷たいスープ
c0134734_017269.jpg



前菜盛り合わせ
c0134734_0173596.jpg



パスタ
c0134734_0174182.jpg



ピスタチオオイル(?)をかけたジェラート
c0134734_0175212.jpg


こちらのシェフの事を耳にしたの20年ほど前でしょうか、、その後何回もお店が転居となり
今のところで落ち着いたようですね。

フレンチの会と言うのでお友達について行ったら店内に漫画の本が積んであったとか、
食べ物は一流の素材で極めた調理法のものが出てくるけど、食器は100均?とか、、
講釈が多いとか、、、
いろんな感想が耳に届いていましたので、お店に入ることはありませんでした。
(一時やっていたお弁当でどんなに美味しいものを出すのかは知っていたつもり)

本拠地のお店は【食べログ】で上位にいってるみたいですし、私の行った日の少し前にテレビでホンジャマカの石ちゃんが来た時のことやってきました。タレントさんが取材に来るお店と言うだけで浮かれはしないけれど、タレを後からからめる煮魚の作り方にはビックリしたものです。

今回のお料理でも前菜の右上:桜エビのリゾット(?)なんかは、「丼一杯ください!」と
言いたかったし、スープのストレートな素材感もたいへん印象深いもので、ジェラートも秀逸。パスタの温度も愛情を感じるものでした♪

食後、テーブルにわざわざご挨拶にいらしたシェフに「あれ・・?」。
な~んだ、そんなにアクがある方ではないのですねー。(ごめんなさい)

これまた入魂の珈琲までついて980円・・・。食べ物に集中できるのであればコスパ高いと思います。出来なければ天井のミラーボールが眼に入る・・かも^^
飾らない骨太なものを感じますのであえてストレートに書いてみました。

主婦の立場からいうと、外食は清々しい環境でいただきたいと言うのが正直ありますからね。
でも、こういう料理人さんが近くにいらっしゃるのも面白いですね^0^
[PR]

by skipelf | 2011-09-23 23:59 | ヤムヤム ミカワ | Comments(0)  

<< おはぎ 私の茗荷の新発見 >>