猪のダニ

一昨日久しぶりに里山のゴールデン嬢に会いに行ってきました。
残暑の日差しが強く差しこんでいる厳しい日でしたが、山の影になるそこは冷風が気持ちよかった~^^

ところが、衝撃的だったのがゴールデン嬢。。。
60歳がいきなり100歳になっちゃったのー?
って言う位になってしまって眼もうつろ。歩く姿もいつもの喜びに満ちた姿じゃなく、よろよろ。
毛が無いところがいっぱいで、サイみたいな皮膚が痛々しいのです。
洋犬っていきなりこんなに老けこむものかとこえもでないくらいでした。

飼い主の友人によると
猪に負けたのか接触したらしく猪のダニが皮膚の下に入ったとかで治療中とのこと。
どうりで・・・。
心配しましたが、一昨日くらいから立てる様になってきたと聞いてちょっと安心もしました。

「あんまり触らん方がいいよ」(方言)と言われたし、見るからにそうなんだけど、
いつものように挨拶に来て、なでてほしく頭を下げる姿、見つめる目、、たまりません。
近くまで来ると手足の毛までないから爪のはえている根元から見えてほんと痛々しかった。

里山って街の中よりやっぱりワイルドだなぁ。
またお見舞いにいこう~!
[PR]

by skipelf | 2011-09-16 23:59 | いろいろな出来事 | Comments(0)  

<< 片づけサッパリ なにかが変わる時 >>