かつお

c0134734_23373743.jpg


目には青葉 山ほととぎす 初がつを
とは申しますが、これは3月上旬の時のものでです。
初がつおが出回る前の【生】の出はじめという位置のもだそうです。

少し前のものですが、私の鰹史上トップではなかったかと思うので載せておきたいと思います!

これは魚体が大きいのだとかで、ならではの成熟した旨み。。
ほんの数回噛むとはらっと形が崩れ舌の廻りにまとわりつく感じでした。
今までも美味しい鰹には出合ってきたけれど、貫禄のある鰹にまた出会っちゃいました♪

確か、鹿児島か高知産だったと思うのですけど、定かではありません(汗)
来年も是非ともいただいてみたいものです!!
これは覚えておく価値あり!



c0134734_23401183.jpg

お隣のは地元の天然平目昆布〆
これも大きい魚体なものでした(と言っても家庭としてはですよ)
三枚におろしてあってこの厚み❤

右に写っているのは縁側で、やはり違った食感と脂で美味♪
〆たエンガワの歯触りは未体験ゾーンでした。
[PR]

by skipelf | 2011-04-23 23:45 | 季節のもの 季節の事 | Comments(0)  

<< 木の芽時は不思議なことが起きるのかな 生命保険のおばちゃん >>