東北地方太平洋沖大地震

昨日の午後発生した大地震は、時間が経つにつれ凄まじい自然の力を見せつけられて言葉も出てきません。
夜が明けても把握しきれず、目に飛び込む映像はむごいものばかり。

今日になっても余震がつづいているようです。
被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。



発生当時のことですが、10分前に宮城の海側の方からハニ丸にお仕事の電話が入ってきたので私が運転を替わりました。それがこんなことになるなんて。
生きていればいろいろなことがあるけれど、これは桁違い、酷過ぎる。

テレビを見、ショックを受け腑抜けのように動けずいます。
病院の屋上でシーツを振って助けを求める人々・・・、
我々に出来ること、今はしっかりと見つめて把握し、考えていないといけないのだと思います。

昨夜はこの先閉鎖が心配された東名高速使って帰ってきましたが、岐阜県の小さな自治体のレスキュー車隊が4台で東に向かうのを、また、地元I.C.では敷地内の奥の広場から数十台の覆面パトカーをも含んだ警察車両が赤色灯付け隊列組んで出動していくのを反対車線から「お願いします」と祈りながら見送りました。

ネットのお友達もお仕事の関係でいち早く円滑な救助を助けるために出動されたに違いないと思われる方もいらっしゃいます。

今夜で二日目の夜。
この冷える中お疲れも出てくる事でしょう。

あぁ、どうか皆さまご無事で。
ご家族みんなが再会できますように。
[PR]

by skipelf | 2011-03-12 15:48 | ご連絡 | Comments(4)  

Commented by kickpop at 2011-03-13 07:56
小夏さん、ご無事で本当に良かったです!実家の両親と1日連絡が取れず、とにかく心配で仕方がありませんでした。こちらではあちこちで日本を支援するための活動の話が出ています。微力ではありますが、私も何かお手伝い出来ることはないものか、と思っています。頑張れ、ジャパン(祈)!!!!です。小夏さんもどうぞお気をつけ下さい。
Commented by skipelf at 2011-03-16 21:50
★kickpopさま、ありがとうございます。
お返事が遅くなってごめんなさい。コメントいただき少しシャキッとすることができました。
やっとお返事書こうと思ったら、昨夜の富士付近の大きな地震に驚きました。
我々のところは大震災は申し訳ないほどでしたけども、知らず知らずのうちに映像からのショックだったのか昨日は右腕が上がらなくなってしまいました。首肩が張って、それからきた筋肉の緊張だったみたいです。湿布で一晩で治ったのでご心配なく。
地震直後から電話が繋がらなくなって、携帯メールも随分遅れてまとめてきたりとかだったそうです。kickpopやWingさん達が日本にいらっしゃるご家族様のご心配をなさっていらっしゃると思っていました。グスン、もどかしいですね・・。
kickpopさん、そちらからも祈っていだたき感謝です^^ブログも拝読しています。後で伺いますね。
Commented by 磯辺太郎 at 2011-03-20 12:26 x
「出動されたネットのお友達」にボクも入ってるかなー。
出張先からの移動中で遭遇してしまったので、前線に戻るまで24時間かかりましたが、奔走しまくっておりましたぁ。
私は「支援する」側なので、現地に赴くことはまずありませんが、普段あまり活躍してないので、こういうときぐらい頑張ります。
(高所作業車11台、現地復旧に向けて派遣しました)
ご心配の連絡ありがとうございました。
Commented by skipelf at 2011-03-20 17:45
★磯辺太郎さま、
そうです、そうですー、ズバリ磯辺さんの事ですよー!!
一時的にも湘南のお家へお帰りなさいませ。
とても大切な局面を一つ乗り越えて初めてのご帰宅、ご家族の皆さまとの生対面、感動的だったことでしょうね。きっと次への鋭気を養われたことと思います!
そちらに転勤になられて一年めの大災害。いまや無くてはならない磯辺さんの存在感がきっと廻りの皆さん頼もしく思われた事と思います!
磯辺さんが派遣した高所作業車11台、被災地で動いてるんですね!
奥様としゃべっちゃいました^^ものすごく勇気を出したものの2度お留守だったので知らないナンバーはお断りされちゃうのかと焦りましたけどもよかったー。
素敵な声色に優しく朗らかな語り口、磯辺さん、お幸せですね~!わたし、電話した方なのに安心感貰っちゃいました。いっぺんでファンになっちゃいました^^
また来週もハードなお仕事となるやもしれませんね。ちょっと前にはお身体にメスを入れた身、くれぐれもご注意くださいね。
ご健闘を祈っております。

<< サポート 春のうねり感じる日々 >>