ブノワトンのこと

一昨日、けつ君のところで知ったブノワトン閉店のこと。
神奈川県伊勢原市にあり、「ここは是非!」と、いつか行ってみたいと心に秘めていたパン屋さんでした。
何度もプラン候補に入れてみたけれど、やはりちょっと観光のついでには行きにくいエリア。
いつぞやどなたかのコメントお返事に「実は神奈川にもう一軒行きたいお店があるのよ~」と書いたことがありますけど、ここのことでした。

ご主人さまが若くしてお亡くなりになられたとのことで、本当に言葉を失いました。
心よりご冥福をお祈りします。


私は好奇心旺盛なところがあって、若いころからどこかに行くと、帰りに一軒興味のあるお店に寄ってくるという癖(お楽しみ)がありました。
いまだにそれは続いていて、こちらのお店への訪問をずっと願っていたのです。

もちろん、日頃の生活の中にとてもお気に入りのパン屋さんがあるので幸せなものですよ~!
c0134734_17532915.jpg

今日もランチにサーモンのサンドイッチいただきました。

同じパン屋さんでも、美味しいと思える時と、なにこれ?なーんて美味しいの?
と思えるときがあります。
パンは生き物と思うので、一回行ったきりじゃ本当のお味なんてエラそうに語れませんよね。
だけど、そのお店にいけば醸し出すなにかは得られるような気がするのです。
そういう意味で、夢見るだけで終わってしまったブノワトン訪問、残念でなりません。

名古屋や箱根で、はたまた元の店舗でゆかりの人々が志を継いでいらっしゃるようですので、
機会を見つけて訪問してみたいと思います。
[PR]

by skipelf | 2010-11-13 18:12 | いろいろな出来事 | Comments(2)  

Commented by 磯辺太郎 at 2010-11-15 08:27 x
伊勢原は神奈川在住でもあまり行く機会がないですからねえ。湘南小麦と言ったんですか。。
我が家からそう遠くなかったのにレポートできなくて残念だー。
パンは生き物。。正しくそうだと思います。偶然ですが妻の要望でパン焼き器購入が計画中なんです。今のはすんごく優秀らしいですねえ。
Commented by skipelf at 2010-11-15 15:38
★磯辺太郎さま、
そうですかー、磯辺さんにとってもそういう場所だったのですね。
多分雑誌のパンのマニア向け特集で見たパンの表情が心をつかんだのだと思います。私も湘南小麦のことは今回知りました。
オーナーが作った2軒目の箱根の麦師と言うお店を奥様が守っていかれるようです。ググったところ、常識外れて笑えるくらいのおかずパンがあるとか・・。師匠、いかがでしょう~?(笑)
天候にも左右されるパンはやはり生き物!パン作りは知的のようにも感じます^^
まぁ、パン焼き器ー☆それはぜひぜひー!私は最近パンは買ってばかりですけどもお家のも美味しいですよ~。なになに、そんなに優秀なのですか@@!天然酵母とかも使えるの出来たのだったかな・・。
うちは遅ればせながら地デジのでテレビ購入計画中デス。昨夜は電気屋さんへ。
プラズマでいこうと決めて向かったのに、シャープの4色の液晶の発色に魅了され、ビエラ実際どうかなとテレパシー送りました^0^

<< いい言葉♪ +アルファーに求める事・・・。 >>