東北湯ったり旅 ⑤激安ツアーの晩ご飯

そろそろお宿のご飯レポいってみましょー^0^

一日目 晩ご飯
c0134734_18463172.jpg



二日目 晩ご飯
c0134734_18465366.jpg


激安ツアーなので過度の期待もしていないのですが、それがなかなか^^満足しました♪
おいしいのですよココー!!

それどころか、東北はもしかしたら塩っ辛いんじゃないかと思っていた味付けイメージも払拭しましたし、お上手な山菜の使いもいい経験になりました。
名物:きりたんぽ、稲庭うどん、珍しいいぶりがっこ、山の芋鍋、ミズの実(二日目上段真ん中、わらびと一緒の緑の)、ジュンサイなども体験でき嬉しい~。

それにさすがに米どころ!
お水がいいのですねー。
一人ずつのあきたこまちのきのこ炊き込みと白米、どちらも素晴らしく美味しい炊き上がり。
こんなあきたこまち食べたことないとはハニ丸・・。確かにもっちりです。
これをお手本にこれからあきたこまちと向き合う楽しみが^^

また、お味噌も美味しいっ!
そういえば我が家では秋田味噌も常備しているのでございました。もともと舌に合うようです^^

わたくし長年にわたりお魚部門のスケールを舌に刻み込んできたわけですが、
二日目のお刺身、奥のカツオちゃんは季節外れでご愛嬌として、
(だいたいお山で海のものを期待せず!)
手前の白いの二切れ、これいいものですわっ!(天然、もしくはそれに匹敵する養殖)
ま、まー、針の穴いえ、重箱の隅つつくような話でしたね、ごめんあそばせっ!

ここの素晴らしさは仲居さんにもありまして、
秋田弁で明るく楽しい場を作ってくれるだけでなく、なんと団体でいただく何十人のお顔を覚えていらっしゃるようで、二日目にはお部屋に入っただけで我々のお膳に点火なさると言う素晴らしさ!

これね、どこかで経験したことあると考えると、
目白フォーシーズンズホテルのスパで、翌朝出向くと「小夏さま、昨日と同じロッカーお使いくださいませ」と鍵をいただいた時を思い出したのです。
ま、ちょっと褒めすぎかもしれないけれど、あそこは当時都内では結構していましたからね~。
このような激安ツアーで上等ブリや素敵な接客に出会えるとはー
う~ん、行ってみるまでは当たり外れのスリルもあるのですけど、そこを楽しむ余裕があれば悪くないですね~!


文字数多い興奮の秋田記事、あと一回です。よろしくね~^0^
[PR]

by skipelf | 2010-01-28 21:44 | おでかけ | Comments(2)  

Commented by ことり at 2010-01-30 18:58 x
東北遠征されてたんですね。
雪を見ながらの温泉いいですねぇ〜。
今の季節は、露天につかってると気持ちよくて、いつまででも入ってられそう。
食事も、その地方の名産を活かした物が食べれてよかったですね。
きりたんぽ好きです!
Commented by skipelf at 2010-01-31 15:18
★ことりさま、
はい、クリネックススタジアムじゃないけど東北へ行っ
てまいりました♪
そうなの~、記事書きながら秋の紅葉の写真も見かけた
のですけど、やはりここの温泉は雪景色がいいわぁ~♡
そう、嫌というまで浸かっていたかったー!連れて行っ
てくださるのは滞在45分!ある意味自分との闘いでした
(笑)前哨戦と考えればいいかしらね^^
お食事も期待してはいけないと思う料金でしたけどほん
といろいろ出してくださいました!
オホホ、ことりさんきりたんぽお好き!?^^私もう一
回体験しないとよくわからないのですよ~(笑)

<< ずんだプリン♪ 東北湯ったり旅 ④憧れの鶴の湯♪ >>